『脱・挫折』アフィリエイト初心者が陥りやすいポイントとその対策とは

アフィリエイトに挫折しそうな男性
アフィリエイトを始めようと考えていても、一歩をなかなか踏み出すことができない人もいるでしょう。
あるいは、やってみたいけど、どうせ儲けるなんてできないと、始める前から諦めているケース。
ですが、実際にアフィリエイトを始めるということは何も難しいことはありません。
簡単に作れるブログサービスもあれば、ASPへの登録も簡単です。
新しいことを始める労力は必要ですが、その労力自体は最小限で済むようになってきています。

しかし、難しいのは始めたその先にあります。
ですから、アフィリエイトを始めてみたはいいけど挫折してしまうということに繋がってしまうわけです。
ここで紹介するのは、アフィリエイト始めてみたけどそこから先はどうすればいいの?ということから
どうすれば続けていけるのかという部分について、紹介していきます。

スタートにおけるコツとは

PCで作業する男性
アフィリエイトを始める上で大切なことは、考えすぎないこと。
どういったサイトで、どういった広告を扱うのかといったようなことだけで、十分でしょう。
初めての場合は、サイト作成や更新の継続を行う上で有利になる自分が好きなことや趣味のことがオススメです。

もちろん、考えてスタートすることも大切ですが、初めてのアフィリエイトである場合は何を考えればいいのかわからないことの方が多いでしょう。
考えるのはスタートした後でも遅くありません。
もちろん、最初から理詰めで考えて最短距離を走ることも可能ですが、これはある程度の知識や経験があってこそだと私は思います。

考えてからスタートした場合、考えの通りに進めばいいですが、そうでない場合の精神的な負担は非常に大きくなりますし
最悪の場合、考え自体を根本から見直さなければいけない事態になってしまう場合もあるでしょう。
そうするとスタート前にあれだけ考えたことが、泡沫のことのように消え失せてしまうわけですから、モチベーションは大きく下がることもあるでしょう。
ただ、この失敗自体は悪い事ではありません。
考え通りに物事が運び上手く収入につなげられると「アフィリエイト余裕!」といった形で勘違いをしてしまう可能性もあります。
それはそれで、非常に大きなリスクにつながる可能性もあります。

失敗した場合には学べることは非常に多いですが、モチベーションを保つことが非常に難しいので、投げだしてしまうことも多いです。
ですから、考えて始める場合には、上手くいっても失敗してもリスクをはらんでしまいます。

スタートしてから考える

どういったサイトでどういった広告を扱うのかを決めたら、実際に広告を確認します。
広告を確認することによって、実際にどうするのかを決めていくわけです。
広告を見てどうすれば、報酬が発生するのかを確認するわけです。

・ユーザーをリンク先に送るのか

・ユーザーに会員登録などのアクションをしてもらうのか

・ユーザーに商品やサービスを購入してもらうのか

当然、上から下に行くほど報酬が発生する難易度は高くなっていきます。
色々な広告もありますし、報酬発生タイミングも違います。
最初のうちは、好きなものを選んでみましょう。
単純に、報酬が高いものを選んでも良いですし、報酬を得やすいものを選んでも良いでしょう。
後は、アフィリエイトの広告をサイトに貼るだけです。

最初のうちは、難しいことを考えずにサイトを更新して見てくれる人を増やしてみましょう。
SNSや知り合いに教えてみるのもいいと思います。
趣味の輪を広げるように徐々に広げることも大切ですが、広がることを考えてSNSを利用することも重要です。
特にSNSなどを使うと、一気に広域に拡散する可能性が少なからずあるので、一気に見てもらえる人を増やすチャンスがあります。
一気に拡散した場合、見てくれる人は増えますがそこから継続してみてもらえる割合は大きくはありません。
しかし、見る人の母数が多いので割合が低くてもそれなりに大きなユーザー数を獲得できます。

ただ、どちらにしても大切なのがサイトを見る人のためになるものを用意すること。
せっかくサイトに行ったのに、何も面白いものがなくてすぐに去ってしまう。
サイトを見る人は、そのサイトを見たいと思ってくるわけですから、来た人をガッカリさせて逃してしまうのは
非常にもったいないことです。サイトを見る人のためになるものを用意して、足を運んでもらえるようにすることが大切です。

準備と更新で万全の体制を整える

コンテンツ作成をする様子
とりあえず、サイトを作ってみて広告を掲載して公開する。
それも一つの手法ですが、少ないコンテンツだけではまず人に来てもらうことが困難だったりします。

では、その状態をどうやって回避すればいいのでしょうか。
色々な方法がありますが、もっとも簡単な方法となっているのがあらかじめ準備しておくことです。

あらかじめ、それなりの量のコンテンツを用意しておくだけでも、
サイトを公開した直後から読んで貰えるコンテンツが多くなるので読む人にとってはプラスになります。
また、更新する用のコンテンツなどもある程度、準備することができればしておくと良いでしょう。
毎日更新するぞ!を意気込んでサイトを動かし始めても、仕事が忙しかったり予定が入ったりで
更新をする余裕がなくなってしまうということは珍しくありません。
特に、アフィリエイトを副業で行っているような場合には、そうした状況に陥りがちです。

そのために、いざというときのためのストック用のコンテンツを準備しておく、更新することが大変な時も安心です。
ただし、この方法は絶対に良いというものでもありません。
情報の鮮度というのは、情報にとって非常に重要な要素の一つとなります。
どれだけ良い情報であっても、その鮮度が落ちてしまえば情報としての価値が全くなくなってしまったりします。
ですから、更新用のストック記事には、時間がたっても良い情報などを使うということが重要です。

初期投資で労力を削減してみる

ネットで調べる男性
金銭的に投資を惜しまないという場合であれば、初期のサイト構築の上で記事を外注にお願いしてみるのも一つの方法です。
ただ、お金をかけずにスタートしたいと考えている場合には向かない手法になります。
コンテンツを作るのが苦手な人にとっては、外注できることは非常に大きな強みですし
外注先によっては、一気にコンテンツを作成してもらうことも可能です。

ただし、コンテンツを外注した場合にはチェックを欠かさずすることも大切です。
コンテンツを作る人によって文章の癖やクオリティに上下があるため、そこをチェックすることで一定に均す必要があります。
手をあまりかけられなくなるとそうした、ことも大変になりますが非常に重要なポイントだと私は考えます。

アフィリエイトで収入を得られるようになってきた場合、さらなる収入を手にするために
更新頻度を上げたり、更新するコンテンツ量を増やしたりといったことを考えた場合に、コンテンツを外注する。
そうすれば、それまでコンテンツを作っていた時間を空けることができます。
その時間を、コンテンツ以外のサイト強化や、新しいサイト構築のためのコンテンツ作成といったことができます。
サイトを強化することでより多くの人に見てもらえるようになって、収入を上げられるかもしれませんし
新しいサイトを作ることで、一つがダメになっても別のサイトでカバーするなんてことが可能です。

1つのサイトを育てるというのも、方法ですがダメになった場合のリスクを考えると
2つ以上のサイトをもってそれぞれで収入を得られるような状態にしておくと、何かがあった時も安心です。

まとめ

考えるのは後回し(どんなサイトでどんな広告を使うか程度は考える)

考えるのはサイトを公開してからでも遅くない

サイトを公開する前に記事のストックで対策(情報は新鮮な方がベター)

外注を使って自分の時間を作る

挫折するポイントは、
・考えたのに上手くいかない
・勢い勇んでスタートしたのに大変で続かない
といったことが挙げられます。
そうしたことに対する対策としては、考えすぎない。
上手くいかなくて当たり前と最初は思っておく。
次に、続けるためにある程度記事のストックを作っておくこと。少しずつ成果が出始めてから外注を使ったり
先行投資的に、外注に記事を作成してもらっておくと、自分の時間がとられすぎずに自分の時間を大切にしながら副収入も手に入れられます。

今回は、アフィリエイトをスタートしてから、挫折してしまうポイントについてその対策をいくつか紹介しました。
もちろん、上記以外にも様々なポイントはあるので、上記のポイントを抑えながら新しく続けるためのコツを探して
スタートしてみてはいかがでしょうか。