自分のサイトを作ろう

アフィリエイトを始めるにあたって必要不可欠になるのが自分のサイト。

無料のブログサービスなどを活用すれば、簡単に自分のサイトを作ることができます。
しかし、無料のサービスの場合、アフィリエイトが禁止だったり、アダルトな内容が禁止だったりで思うようなことができなかったりすることもあります。
アダルトアフィリエイトを始めるためにサイトを作ったのに、サービスでアダルトがNGなら元も子もありません。
もちろん、無料のブログサービスなどにもメリットはあるので、自分でサイトを持つのとどちらがいいのかを考えた上で決めるようにしましょう。

そこで、このページではそうしたサイト制作の無料サービスを使わずに自分だけのサイトを作るための方法について紹介していこうと思います。

サイトを作る上で必要になるものはいくつかあります。

ドメイン

サーバー

デザイン

記事(内容)

上記の中でも、記事についてはいろいろなものがありますし、サイトを作る上でどのようなサイトにするかも考えると
思いますので、このページでは割愛しますがこちらでいろいろなサイトの種類を紹介しています。

住所の役割をするドメイン

インターネットイメージサイト構築において、大切になるのが自分のサイトの住所になるドメインです。
分かりやすく、多くの人に知ってもらうためにもドメイン選びはとても重要です。
ドメイン名については、日本語が使えたり使えなかったりといった様々な制限があったりもしますが
基本的には、自分が考えたドメインをそのまま取得するといったことができるようになっています。
ですが、ドメインは基本的に先に取得した人のものであるため、自分が欲しいと思う名前のドメインを先に他の誰かが取得している場合
同じ名前のドメインを取得することはできないので、別の名前にする必要が出てくるわけです。
そのため、ドメインを取得する場合には、いくつかの候補を考えておくことも大切です。

ドメイン選びの方法はいろいろあります。

会社名をドメインにする

サイト名をドメインにする

社名やサイト名をもじってドメインにする

といった方法が代表的です。

会社名をドメインにしたケース

「google.com」や「yahoo.co.jp」などが有名でしょう。
インターネットを使って何かを調べるといったときは、GoogleやYahooの検索を使って調べる人も多いでしょう。
このように会社の知名度が高いような場合には、会社名をそのままドメインにすることで利用者側からすると覚えやすく
無理なくサイトにたどり着くことができるでしょう。

サイト名をドメインにしたケース

会社名と同様にわかりやすく覚えてもらいやすいドメイン名として、サイト名をドメインにするケースもあります。
様々な商品価格の比較検討が簡単にできる価格.comの「kakaku.com」や
ヨドバシカメラが運営する通販サイトであるヨドバシ.comの「yodobashi.com」
などが有名です。
比較的短い名前で分かりやすくサイトの名前を知っていれば、直接アドレスを叩いてアクセスしてもらうこともできるため
様々な点から考えてもメリットが多いといえます。

社名やサイト名をもじってドメインにしたケース

会社名やサイト名の一部を数字などにもじってドメインを取得する方法になります。
少しユニークなドメイン名にもなるので、ユーザーの印象に残りやすいというメリットがあります。

サイト情報を格納するサーバー

ドメインを取得すれば、それでサイトができるわけではありません。
サイトの本体を格納するサーバーが必要になります。
サーバーも今では非常にたくさんありますが、こちらの選び方は自分が作るサイトに合わせて選ぶようにしましょう。
料金が安いサーバーもあれば、高いサーバーもありますし、アダルトのOKやNGもあります。
この辺りのことを見ながら、自分のサイトに適合するサーバーを見つけましょう。

デザインについて考える

サイトデザインは千差万別。
人によって、見やすいと感じるデザインもあれば見づらいと感じるデザインもあるでしょう。
より良いデザインを考えることが大切ではありますが、ゼロからそうしたことを考えるのは容易ではありません。
だからこそ、ウェブデザイナーというデザインを専門的に行う業種があるわけです。
サイトのデザインに迷った場合、サイトデザインを作成してくれる業者を利用してみるのも一つの方法です。
自分が考えたデザイン通りにサイトを作ってくれたりもしますし、そもそもデザインのセンスが自分にないというような場合には
サイト制作を行う業者の中には、いくつかのデザインテンプレートをあらかじめ用意してくれていて
そのテンプレートを組み合わせて、自分好みのデザインできるような業者もあります。

デザインを自分で作り上げることもできますが、知識や経験が必要になる部分でもあるのですべて業者に任せるのも方法の一つです。

また、業者を使わない方法としてワードプレスの利用があります。
ワードプレスとは、CMSと呼ばれるシステムの一つでテーマと呼ばれる外観のテンプレートが無料や有料で配布されています。
そのテーマを使うことで、デザイン知識がなくても一定以上のデザインを作り上げることができます。
現在では、アフィリエイトに強いテーマや、SEOに強いテーマもあるのでそうしたテーマが使えるのもポイントです。

サイトを作るためのまとめ

いかがでしたでしょうか。
自分のサイトを作るためにはいくつかのものが必要になりますし、それぞれが無料で手に入るというものでもありません。
無料でサイトを作ることもできますが、自分だけの完全オリジナルなサイトを持つことは、一つの達成感につながります。
また、アフィリエイトなどのビジネスを進める上で自分だけのサイトがあるというのは大きなモチベーションにもなります。

まとめ

必要になるのは「サーバー、ドメイン、デザイン、記事」の4つ
サーバー、ドメインは基本的に有料で上下の幅もある
デザインはCMSを使うことで手間を省くことができる